引越しを依頼するための正しい業者の選び方

引越しをする時は業者のサイトや口コミを確かめて安心できる業者を探し、料金やプランを確かめて決めると便利です。計画を立てる場合は自前に一括見積もりをして相場を確かめ、価格だけではなく口コミを比較して満足ができる内容を選ぶ必要があります。

引越しの料金は繁忙期は高く設定され予約を確保しにくいため他の時期を選ぶと便利ですが、急な転勤などで転居せざるを得ない時は事前に段取りを確認してスムーズにできるように計画を立てることが大事です。業者を選ぶ時は後悔をしないように口コミなどを確認し、スタッフと気軽に相談できるように選ぶと安心できます。

引越しを依頼するための正しい業者の選び方は比較サイトを参考に、利用者の口コミを確かめてスタッフと相談して臨機応変に対処してもらえるように決める方法が最適です。

引越し会社選びのチェックポイント

引越し会社を比較検討するにあたっては、会社によってどのような点に違いがあるかを知っていると、選びやすくなります。例えば、不要品処分について。引越しの時に不要品の処分も請け負ってくれる会社でも、それぞれ品目による処分料金が異なります。料金の一覧表があったりするので、見積もりの際に見せてもらうのもよいでしょう。

また洗濯機の取り付けも、追加料金のかかる会社や引越し作業員がしてくれる会社など、それぞれ対応が異なります。さらに注意したいのは、エアコンの取り付け・取り外しの料金です。これもそれぞれの会社によって作業料金が違いますが、その設定料金に含まれる内容がまた各社独自です。従ってエアコン工事はセット内容を、具体的にしっかりチェックするのがポイントです。

マンションへの引越しを安くするコツ

マンションへ引越す時はエレベーターを使うと運ぶためにかかる手間を省けるため安くできますが、階段を使う時は手間や時間がかかるため高くなります。料金を調べる方法は一括見積もりサイトを使うと相場の金額を確かめて選ぶことができ、業者に運ぶ荷物の量や場所などを伝えて最適で方法を診断してもらうと効果的です。

マンションは住む場所に応じて引越しの料金が異なり、高層階の場合は階段を使うと料金が高くなる要因になるため作業を手伝い必要な人員を減らすことを提案すると料金を節約できます。マンションへの引越しを安くするコツは料金が荷物を運ぶためのトラックの大きさや走行距離の他に作業をするための人件費に応じて高くなるため、事前に業者と相談して最適な方法を考えると便利です。

アリさんマークと引越しのサカイを相見積もりしてみた結果

引っ越しの一括見積をネットで申し込んだところ、いっせいに業者から電話の嵐。

一つずつ見積もりの日時を決めていったのですが、どこも一番に話をしたいようでした。

そこで二社同時に来てもらって、引っ越しを控えた私の部屋では引越し屋さん同士が顔を合わせるという気まずい事態に。

互いに交渉の金額を探り合って、自社のメリットをマシンガントークで交互に私にぶつけてきました。

私がうっかり片方の交渉金額を口走ってしまうと「言わないでくださいよー」と笑顔。

しかし目が笑っていません。

そしてさらに値下げ合戦は激化。今すぐうちに決めてくれたらここまで下げるからと両社とも破格の金額を提示。

より安いほうにお願いして片方には帰ってもらいました。 アリさんマークの引っ越し社は8万円。 引っ越しノサカイは9万円。

よって、アリさんの社員さんはニコニコ顔で「それでは詳しいお話を」と我が物顔でリビングを占拠。

相手の見積もりも気になったようで、見せてあげるとすぐさま本社に連絡入れてました。

この業界、情報戦なんですね。

自分は名古屋から東京への引っ越しだったのですが、東京から名古屋へ引っ越される方の便を利用して荷物の相乗り?で費用が抑えられたみたいでした!

提案もあると思いますがこの相乗り、こちらからいい便がないか聞いて日付を合わせるのもアリですよ。

しかし今回、安くなったのはうれしいけど、修羅場の渦中に立たされた気分でハラハラしました!

単身パックをコストパフォーマンスで選ぶなら

「コスパで選ぶなら」
最近だと家具付きの学生限定マンションや、女性限定の家具家電付マンションなども増えて来ていて、家具家電が必要か必要でなくなるかは、新生活の身の振り方が決まってからになります。

新たに一人暮らしを始める場合は、実家に家具はそのまま残して、初の一人暮らしでは家具家電をまるっと新品を購入してしまうから、服などだけでいいって場合も少なくありません。

当然そんな時は「単身パック」になります。

地方から上京してくる場合には、長距離の引越の場合に金額が高くなるのを抑えたいなどと考える方も多いですよね。

そんな時は「赤帽」の単身パックをお勧めします。

これは大変裏ワザ価格なのですが、長距離「大阪→東京」で2万円とは格安です。

電話で「単身引越です」と伝えて簡単に予約完了となり、見積もりなどに来ていただく必要もありません。

格安の理由は、何時に取りに来るかもお任せの場合で、翌日配達でなく、何日か掛かってもOKと伝えている場合になります。

一人暮らしから一人暮らしの引越だと、布団がなくて寝る場所がありませんが、実家から一人暮らしの引越の場合ならば、特に気にしませんよね。

単身パックの荷物量の目安は、HP等にも記載されているので、目安をもとに考えれば、何を持って行けて何を実家に置いていくかを考えればよいのですが、当日、赤帽の方に自分の荷物スペースにまだ余裕がある場合に、「これも持って行きたいのですが」と相談してみると、意外と乗せてくれたりします。無理な場合も勿論あるそうです。

トラックには、他の長距離引越の方の荷物も乗っていたりもするようですが、そこは宅配便業者などと似ている点かと思います。

一緒に運ばれるのが嫌という方もいらっしゃるでしょうが、宅配便業者と同じだと考えてみると、納得できますよね。

また、単身パックはもともと安めですけど、宅配便業者などの配達系を利用するのではなく「赤帽」にする理由としては、”何個口”と個数にする必要がなく、ダンボールでなくても可能であることです。

また、車1台で、運転手さん=(イコール)引越スタッフ1名となる場合が多いようなので、家の前が道路なのか停めていい場所があるのかどうかをきちんと伝えておかなくてはなりません。

赤帽に頼みたいと思ったあなたの家の前が、道路や駐車禁止の場所でない事を祈ります。

一番安いのは単身パックだけど、一人暮らしじゃなくても使えるの?
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.